smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
sponsored links
profile
recommend
夏空のモノローグ Portable (通常版)
夏空のモノローグ Portable (通常版) (JUGEMレビュー »)

ものすごーくよく練りこまれたシナリオで、まるっとひとつの宝物みたいなゲームでした。
くわしくはこちらの記事で
recommend
recommend
recommend
recommend
.
with Ajax Amazon
new entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

カノジョは立派な猫でした。

飼猫のひとり、カノジョが息を引き取りました。
詳細は猫ブログに記事を書きました。

なかなか写真を撮ったり、記事をかいたりしなかったけど、こういう時になってもっと記録をしておけばよかったと思います。せめて写真はたくさんとる癖をつけたいと痛切に思いました。

猫を飼い始めてから11年、猫の写真を見直すと同時にふといろいろなことを振り返ったらかなり波乱に満ちた11年だったなと、今更ながらに気が付きました。
怒涛の日々がざーっと脳裏を駆け巡り、猫たちが我が家へ来た時のことはほとんど昨日のことのように感じられます。
11年間ありがとう。

at 22:53, 川村, -

comments(0), -

2015年を振り返って

ふと、長らくブログ書いてないなあと思い見に来たら(もう見に来る、という感覚がダメな証拠)、あと3ヶ月で前回から1年経ってしまう!!ということにびっくりしました。は、はやい!! やばい……!

2015年は無職になったり求職したり転職したりで慌ただしい中、しっかりテニミュに通う日々を送っておりました。テニミュ3rdシーズンの聖ルドルフ戦、すんごい名作なのでおすすめです!まだDVDでていませんが!
現在は山吹戦を楽しみ中です。次は2月に見に行く予定です(^○^)
その前に、1月は許斐剛先生のライブがある!!!!!
その他にも観劇したり、スポーツ観戦したり、サンボマスターのライブにいったり、私のわりには外出した一年だったなと思います。

転職先の椅子があまりあわないのか、PCの配置の問題なのか、腰と背中がバキバキなので、どうにかならないものかとバランスボールを買ってみました。今のところ良い感じです。

〜おしまい〜

というのもなんなので、最近見た映画の感想をかいておこうと思います。

●ベイマックス

私はあまりネタバレが気にならないので、ベイマックスが劇場公開していた頃のツイッターでいろんな情報を目にしており、ちょいちょい展開を知っていたのですが、序盤から「ああ、この人がいなくなっちゃうのか」と悲しくなって、開始25分以内に視聴者にキャラクターの死へ哀しみをいだかせることができるってすっごいな!?と思いました。ディズニーのウルトラテクニック……すごい……!
個人的な感想は、終始「おにいちゃんありがとう」につきました。おにいちゃん、最高。
思わず涙がでてしまうポイントは常に、おにいちゃんの弟を含む世界への愛に満ちた眼差しと、その愛の射程の深さだった気がします。
以前、内田樹さんが村上春樹さんの小説について書いた文章のなかで「本当に相手を愛するということは、自分がいなくなっても相手が大丈夫なようにしておくこと」というようなニュアンスのフレーズを読んだのを思い出しました。ベイマックスの「ベイマックス、もう大丈夫だよ」にこめられたもの……たまりません。
ベイマックスがちゃんとロボットなのもすっっっごくよかった! 人間とは別の摂理(?)で動く存在と人間との間でのすれ違いがすきで、人間相手ならくみとれるニュアンスがロボットには伝わらなかったりするのが、やりとりのすえに、別の論理から同じ結論に行き着き、最終的に合意する、という展開めちゃめちゃ好きなので、そこも最高。
あとはもーーーーーベイマックスのかわいさが。かわいくて。アーーーット!この可愛さを生み出したお兄ちゃん……素晴らしい(;O;)アーーット!
ちなみに吹き替え版でみたんですけど、吹き替えもみなさんすてきでした。


●フィリップ、きみを愛してる!
ジム・キャリーの顔芸にずっと笑ってしまう!!この人の表情筋どうなってるんだろう!?
そしてユアン・マクレガーの天使みたいなまっすぐの眼差し……こちらまでどぎまぎしてしまう……///
主人公のスティーブンはほんっとーーーにどうしようもないほどクズなんだけど、でも誰かを貶めたり、物理的に傷つけたりする系のクズではなくて、どこかで許してしまう愛嬌があるのが悔しい。悔しい。
はちゃめちゃでドタバタで、こんなになっちゃってどうするのかな?!と他人事ながら行き先を心配してしまうんですけど、最終的に事態がどうにもならない現在進行形の状態でも、スティーブンが「何でお前そんなに元気?!」と驚くくらいに人生を愛している感じが最高!!

大雑把にいってしまうと、私は、人間が人生を愛している(愛そうとしている)話にしか興味がないのかもしれない、とふと思いました。


at 00:13, 川村, -

comments(0), -

花とアリス殺人事件

「花とアリス殺人事件」をみてきました。
いつも見に行く映画館ではやっていなくて、上映している映画館まで遠出したのですが、下りたことのない駅で下車し、知らない町のバスに乗って、方向はこっちであってるのかなとキョロキョロしながら初めて利用した映画館で観たのは、結果としてとてもよかったです。
映画を見終えた後も、映画の世界と自分が歩いている地面が地続きになっているような感じがして、バスに乗っている見知らぬ乗客たちの後頭部をながめながら、この人たちのひとりひとりに物語があるし、たぶん私にも物語があるんだと思えてワクワクした気持ちで帰宅しました。

ふと気が付くと顔がにこにこしていて、今証明写真とったらすごくいい出来なんじゃないだろうか(にやけてるけど)と思うことしきり。
だけど、気がついたらすごく泣いていました。かなしいとか、つらいとかの涙じゃなくて、見知らぬ人に思いがけず親切にしてもらったり、自分が身構えていたよりもずっと優しい形で世界が受け入れてくれたり、そういう時に嬉しくて、感極まってでてしまう感じの涙で、しあわせを噛み締めながらの帰宅が最高に幸せでした。




以下、内容に触れています。
続きを読む >>

at 00:32, 川村, -

comments(0), -

ミュージカル テニスの王子様 3rdシーズン 青学VS不動峰 プレビュー公演

2nd全国立海のあとはドリライ2014で玉アリ全通したり、3rdお披露目会いったりといろいろあったのですが、気がついたらすごく間が空いてました。

そしてあっという間に3rdシーズンが本格指導した……してしまった……!
うわあああテニミュがまたはじまったーーーーー!!!!!!
どんだけテニミュのない日常が色褪せていたのか思い知らされて、今はもうあと4年は安泰でカラフルな視野で生きていける!と元気いっぱいです。

ほんとうに、テニミュのことが大好きだなああと改めて実感しました。

以下、プレビュー公演の感想です。
続きを読む >>

at 21:48, 川村, テニスの王子様

comments(0), -

ミュージカル テニスの王子様2ndシーズン 全国大会 青学VS立海【東京凱旋 4・5回目 + 大千穐楽ライビュ】

連続でみすぎてレポが追いつかなかったので、3回分まとめてかきます。




続きを読む >>

at 17:21, 川村, テニスの王子様

comments(0), -